2006年山口県から宮城県仙台市に移住。お仕事プラス息子&娘の子育て日記です(^^)


by carelra
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

溜め込んだ記録①

実家の山口に帰省してはや2週間。
息子もだんだんとこの家になれてきたようで、少しずつ眠ってくれるようになりました。

断乳&年末年始の忙しさに負けて、ブログの更新が滞っておりましたが
息子の昼寝中に更新できるくらいに落ち着いてきた今日この頃です。

さて、どこから書いたらいいものか・・・
まずは、断乳決行中におとずれたクリスマスについて。

今年は色んな所でクリスマスパーティに参加してみました。

・ヨガのクラス
・ママ友と一緒に×2回
・自宅
・旦那宅

この他にも少々・・・
まぁ我ながらよく出かけたものだと思います(^^;)

どれも楽しかったのですが、これから心配になるよなぁと思う出来事もありました。

それは、食べ物。
アレルギーがある息子にとって、食べたいものが食べられないというのはつらいこと。
まだ言ってわかる年でもないし・・・

あるパーティでは持ち寄りだったのですが、ほとんどすべてに卵・乳製品が使われていました。
クリスマスだから当然といえば当然なのですが025.gif

断乳してから、急にくいしんぼうになった息子は、それらを食べたがること食べたがること。
引き離すのが大変でした(汗)

家から息子用に持参していた食べ物はあったのですが、
やっぱりアンパンマン型のクッキーとかパンに惹かれてしまうんですね。

かわいそうなことをしてしまったと思いました。

そういった場所になるべく連れて行かないようにした方がいいのか
それとも、これからずっとアレルギーがなくなるまで付いて回ることなので
食べらないんだということを教えた方がいいものなのか・・・

どちらがいいのかまだ悩んでいます。

全然別の話になりますが、薬はそれ単体で飲ませることにしています。
これまで薬は何かに混ぜてごまかす飲ませ方をしていたのですが
山口の病院でもらった薬は強烈な甘み&苦みで、ごまかしきれませんでした。

その結果、混ぜた食べ物が嫌いになる恐れがでてきたので、混ぜるのは止めました。
薬は病気を治すために飲まないといけないんだということも教えたかったので。

薬にせよ、食べられないものがあることにせよ、きちんと教えてあげたい。
そう思います。
もうちょっと先のほうがいいのかもしれませんがね(^^;)

そんな中で、妊婦時代からのママ友とのクリスマスでは、
息子のアレルギーを知っている友達が卵・乳なしのケーキを頼んでくれました067.gif

b0132041_160164.jpg


泉区八乙女にあるアルパジョンというお店でオーダーしてくれたようです。
感謝感謝でした001.gif

小麦粉は使っているので、普通のケーキと比べてもさほど違いはなく
とってもおいしかったです053.gif
クリームは豆乳クリームです♪

息子を妊娠してから、本当に素敵な出会いがたくさんです。
いつもお付き合いいただいている皆様、ありがとうございます♪
[PR]
by carelra | 2009-01-10 16:11 | お出かけ